2020.2 21金曜日の農作業

午前中はフキノトウの収穫です。
雪が少し残っていますが寒くはありません。

午後からはシェア畑と同じ要領の肥料、間隔などにしてみて綾部の土壌でどんなことになるか比較してみます。
畝幅60cmで1.5mあたり牛糞堆肥柄杓3杯、鶏糞堆肥200ccを全面に撒いて攪拌しました。

来週サラダホウレンソウの種でやってみます。
表層だけは母屋前の畑と比較的乾いている下畑の耕土を運搬して利用しました。
半日の作業ですが疲れてしまいました。
IMG_3412
IMG_3413
IMG_3414
IMG_3415
収穫はフキノトウ、白菜、小松菜、ニンジン、大根、水菜です。
IMG_3416

2020.2 17月曜日の農作業

先週に続きジャガイモの畝作りと植え付けです。
耕土が濡れていて芋が腐るため母屋前の畑の土とバーミキュライトと肥料混ぜた土壌改良材を入れて少しでもましかなと思いやってみました。
土壌改良材はバーク堆肥2kg、バーミキュライト1kg(5L)、ピートモス、鶏糞堆肥500g、クンタンを入れ混合したものです。
綾部は雨が多く、しかも田んぼ跡地で地下水が湧いてくる場所で苦労します。
防草シートを全面に敷いて芽が出たころに隙間を開ける予定です。
下りの土の運搬ですが疲れました。
IMG_3405
IMG_3406
IMG_3407
IMG_3408
IMG_3409
IMG_3410
収穫は白菜と水仙です。
IMG_3411
夕方は小雪が混じり寒くなって来ました。
雪の予報なので大阪に帰りました。



2020.2 14金曜日の農作業

アルバイト先が代わり綾部行きが変則になっています。
アルバイト先は研修中で弁天町勤務がなくなりになり、長居公園シェア畑の勤務です。
沢山の利用者が来てくれています。
会社となれば広報力があります。
農業で採算がとれるというのは素晴らしいことです。
しかも完全無農薬で有機農業です。
今までやって来たことで、はまってしまいます。
それに良かったことは皆さんが喜んで帰ってくれるということです。
中にはおばさんが家族連れや子供達が沢山来ていてこちらも和むと言われたことです。
現代社会は変化していて孤独になりがちで、このような集いの場が必要とつくづく思います。
長女の住むオーストラリアメルボルンでは男性が特に孤独になりがちで集えるような設備が設けてあり、そのような集会所が
図書館や公園などにあります。
2248
2249
農作業はソフトテニス仲間のボランティアさんがフキノトウの収穫を手伝ってくれました。
田んぼの土手に沢山あります。約2時間里山を回って収穫しました。
いつもありがとうございまーす。
2257
昼からはジャガイモの畝作りです。
2年間畑を使わないとこのようになります。
泥だらけになりながら作りました。
来週はジャガ芋の植え付けができるかな。
2415
収穫はフキノトウ、小松菜、ニンジン、大根です。
太いニンジンで抜くときに先が折れてしまいました。
IMG_3403

↑このページのトップヘ